機能一覧

  1. HOME
  2. 機能一覧
  3. 送信フィルター タイプB 誤送信防止

送信フィルター タイプB 誤送信防止

効果

「宛先間違いの阻止」「うっかりミスの阻止」「個人情報漏えいの阻止」

ケーススタディー

営業部門など特定のグループが配信するメールを一時保留する。
ただし、自社ドメインメールアカウント宛ての場合保留しない。

送信遅延による誤送信防止

メールの送信前に送信者へ通知を出す事により、送信者にメール内容の再確認を促し、誤送信を防止する事ができます。

送信遅延 図

  • 送信する全てのメール、あるいは特定メールに対して最大30分間、送信を遅延させる事ができます。
  • 送信者は、送信遅延のお知らせメールを通じて、メール内容及び受信者を確認した後、送信を許可あるいはキャンセルできます。

 メール送信を一時保留して30分経過すると自動的に送信されます。

メールセキュア の管理画面はSSLサーバ証明書を導入し、暗号化通信で保護されていますので安心してご利用いただけます。