機能一覧

Microsoft® Office 365 連携機能

Microsoft® Office 365 連携機能

メールセキュアはMicrosoft®が提供するクラウド版グループウェア Office 365 の電子メール機能と連携させてご利用いただけます。

Microsoft® Office 365の設定手順

受信設定 A
  • 独自ドメインがOffice 365に登録されていない場合
  • メールセキュア用のドメインを新たに取得した場合
受信設定 A01

01. Office 365 に各ユーザアカウントでログイン後、Office 365 の「Outlook」画面の上部メニューのアカウント名のタブをクリックし、プルダウンメニューの「オプション」をクリックする。

受信設定02

02. Outlook Web Appの「オプション」画面の「アカウント」の「接続されているアカウント」をクリックする。

受信設定 A03

03. Outlook Web Appの「オプション」画面の「アカウント」の「接続されているアカウント」の アイコン をクリックする。

受信設定 A04

04. 「新しいアカウントの接続」画面にて、以下の項目を入力し、「次へ」をクリックする。

電子メールアドレス
「メールセキュアエージェントメールサーバに設定したユーザのUNIXユーザ名」@「メールセキュアエージェントメールサーバに設定したメールサーバ名」

パスワード
メールセキュアエージェントメールサーバに設定したユーザのパスワード

電子メールアドレスから自動で接続するメールサーバとアカウント名を設定し、メールサーバへのPOP3接続確認を行うため、ここでは、エイリアスを使ったメールアドレスは設定できません。

受信設定 A05

05. 設定したアカウントの接続が確認されると、「新しいアカウントの接続」画面が出るので、「完了」をクリックする。

受信設定 A06

06. Outlook Web Appの「オプション」画面において、追加した「接続されているアカウント」の状態が「ダウンロード中」から「OK」に変わるのを待つ。

長時間立っても、変わらなかった場合、画面リロードして、再度確認する。

受信設定 A07

07. Outlook Web Appの「オプション」画面の「アカウント」の「接続されているアカウント」の追加した「電子メールアドレス」を選択し、 アイコンペン をクリックする。

受信設定 A08

08. 「接続されているアカウントの現在の状態」画面において、「アカウント情報」をクリックする。

受信設定 A09

09. 「接続されているアカウントのアカウント状態」画面において以下の項目を変更する。終わったら「保存」をクリックする。

表示名
ユーザに本来、メールセキュアで提供するメールアドレス(エイリアスを使用のもの)

電子メールアドレス
同上

受信設定 A10

10. 変更の保存が問題なく行われた場合、以下の「情報」画面が出るのを確認し、「OK」をクリックする。

受信設定 A11

11. Outlook Web Appの「オプション」画面の「アカウント」の「接続されているアカウント」に追加した「電子メールアドレス」の「確認メールの再送信」をクリックする。

受信設定 A12

12. 「確認メールの再送信」が問題なく行われた場合、以下の「情報」画面が出るのを確認し、「閉じる」をクリックする。

「確認メールの再送信」に問題があった場合、しばらく時間をあけてから再送信を行う必要があります。(Exchange Online Server全体の同期が終わるのに時間がかかるためです。)

受信設定 A13

13. Outlook Web Appの「受信トレイ」画面に「電子メール接続の確認」メールが届いているのを確認し、メール内の認証URLをクリックする。

受信設定 A14

14. 認証URLを開く事で、左図の画面が出るのを確認する。

環境によって、サインインを求める画面が出る場合があります。その場合は、認証に失敗してしまっているので、再度、「確認メールの再送信」からやり直す必要があります。

受信設定 A15

15. Outlook Web Appの「オプション」画面の「アカウント」の「接続されているアカウント」の「既定の返信アドレス」をメールセキュアで提供するメールアドレスに設定する。